マメ科 Fabaceae (Legminosae)-13

 マメ亜科 Papilionoideae -11 ヌスビトハギ連1
 
 広島県産 広義のヌスビトハギ属の検索表
 植物名 花色 花長 ガク 果柄 小節果形
と数
節間長 葉の
位置
小葉数と形(頂) 長さ 頂小葉
ミソナオシ 黄白色 5-6mm 5深裂 無柄 長楕円形
4-8
13mm 茎全体 3、皮針形 4-12cm やや大
シバハギ 紅紫色 4-5mm 楕円形
5-8
3-4mm 3、倒卵形 2-3cm
アレチヌスビトハギ 6-9mm 4中裂 4-8mm 三角形
3-5
4-7mm 3、長卵形 4-10cm
オオバヌスビトハギ 5-7mm 4浅裂 10-18mm 偏半円形
2-4
9-10mm 3、卵形
側・狭長
6-12cm
フジカンゾウ 淡桃色 8-10mm 5浅裂 9-12mm 三角形
1-2
10-13mm 5-7、卵-長楕円形 8-16cm 同大
ケヤブハギ 紅紫色 5-7mm 6-8mm 三角形
1-2
5-7mm 茎下部 3、広卵形、先尾状 6-12cm
ヌスビトハギ 3-4mm 3-4mm 半円形、2-3 茎全体 3、卵-長卵形
厚<、多毛
網状脈、裏面緑
4-8cm やや大
ヤブハギ 白、先紅紫 5-7mm 茎中部 3、狭卵形、薄
無毛、葉先長い
裏面、帯白色
3-7cm 同大
マルバヌスビトハギ 紅紫色 2-5mm 茎全体
3、広卵形 5-9cm やや大

●節果(loment):果実はサヤ状であるが、種子1つ分(小節果、article)が節で仕切られ、バラバラになって散布される。
●節のくびれ部分が、Hylodesmum属では非常に狭く(幅が1/5未満)、狭義のDesmodoium属ではやや広く(幅が1/3以上)なる。

Ohwia(ミソナオシ)属は、葉柄に翼があり、子房の柄の基部に花盤(蜜腺)がある。

別冊記事:ヌスビトハギ、ヤブハギ
 
以下の分類は、Ohashi (2001, Flora of Japan 2b)、大橋(2003, 帰化植物)に従った。


シバハギ Desmodium heterocarpon (L.) DC.
静岡県以西の本州、四国、九州、小笠原諸島、南西諸島、及び朝鮮、中国、熱帯アジアの暖温帯から熱帯に分布する亜低木。
広島県:島嶼部の草地に稀に生育する。
広島県植物誌 p.217;呉市目録 p.83; 広島県の植物図鑑へ

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum (L.) DC.
北アメリカ東部原産(panicledleaf ticktrefoil)の一年草。本州、四国、九州、南西諸島の暖温帯に帰化している。
広島県:島嶼部・沿岸地から高原面の林縁、草地に生育、9~10月に咲く。
広島県植物誌 p.217;広島外来 p.11;呉市植物誌 p.122;呉市目録 p.83;山野草秋 p.113;北広島町 p.200; 広島県の植物図鑑へ

アレチヌスビトハギ
アレチヌスビトハギ、ガク片の一つが長三角形になり、節果のくびれは浅い



狭義のヌスビトハギ属 Hylodesmum H.Ohashi & R.R.Mill は Desmodium sect. Podocarpium を属に格上げして新名をつけたもの

オオバヌスビトハギ、サイコクトキワヤブハギ Hylodesmum laxum (DC.) H.Ohashi & R.R.Mill
= Desmodium laxum DC.
= Podocarpium laxum (DC.) Y.C.Yang & P.H.Huang
- Desmodium austrojaponense Ohwi
千葉県以西の本州、四国、九州、及び中国、熱帯アジアの暖温帯に分布する常緑の多年草。
広島県:島嶼部・沿岸地から山地に稀に生育、8~9月に咲く。
広島県植物誌 p.217;呉市目録 p.83;山野草秋 p.115; 広島県の植物図鑑へ

フジカンゾウ Hylodesmum oldhamii (Oliv.) H.Ohashi & R.R.Mill
= Desmodium oldhamii Oliv.
= Podocarpium oldhamii (Oliver) Y.C.Yang & P.H.Huang
本州、四国、九州、及び朝鮮、中国、極東ロシアの暖温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部・沿岸地の林縁、明るい林床に生育、8~9月に咲く。
広島県植物誌 p.217;広島野草2 p.69;東城町植物誌 p.142;呉市植物誌 p.122;呉市目録 p.83;山野草秋 p.112;北広島町 p.200; 広島県の植物図鑑へ

フジカンゾウ
フジカンゾウ、葉が5- 7小葉の奇数羽状複葉になる

ケヤブハギ Hylodesmum podocarpum (DC.) H.Ohashi & R.R.Mill subsp. fallax (Schindl.) H.Ohashi & R.R.Mill
= Desmodium podocarpum DC. subsp. fallax (Schindl.) H.Ohashi
= Podocarpium podocarpum (DC.) Y.C.Yang & P.H.Huang var. fallax (Schindl.) Y.C.Yang & P.H.Huang
- Desmodium racemosum (Thunb.) DC. var. dilatatum (Nakai) Ohwi
山形県・ミヤギ県以南の本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の暖温帯に分布する多年草。
広島県:山地の林縁に生育、7~9月に咲く。
広島県植物誌 p.217;東城町植物誌 p.142; 広島県の植物図鑑へ

ヌスビトハギ Hylodesmum podocarpum (DC.) H.Ohashi & R.R.Mill subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi & R.R.Mill
= Desmodium podocarpum DC. subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi var. oxyphyllum
= Podocarpium podocarpum (DC.) Y.C.Yang & P.H.Huang var. oxyphyllum (DC.) Y.C.Yang & P.H.Huang
- Desmodium racemosum DC.
北海道、本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、朝鮮、中国、熱帯アジアの冷温帯から亜熱帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部・沿岸地から山間地の林縁、林床に普通に生育、7~9月に咲く
広島県植物誌 p.218;野の草 t.85;広島野草2 p.70;東城町植物誌 p.142;呉市植物誌 p.123;呉市目録 p.83;山野草秋 p.114;北広島町 p.200; 広島県の植物図鑑へ

ヌスビトハギ
ヌスビトハギ、ガクは浅く5裂、節果は深くくびれ、葉の葉脈が凹んで目立つ

ヤブハギ Hylodesmum podocarpum (DC.) H.Ohashi & R.R.Mill subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi & R.R.Mill var. mandshuricum (Maxim.) H.Ohashi & R.R.Mill
= Desmodium podocarpum DC. subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi var. mandshuricum Maxim.
= Podocarpium podocarpum (DC.) Y.C.Yang & P.H.Huang var. mandshuricum (Maxim.) P.H.Huang
- Desmodium racemosum (Thunb.) DC. var. mandshuricum (Maxim.) Ohwi
北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国、極東ロシアの冷温帯、暖温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部・沿岸地から山間地の林縁、林内に生育、7~9月に咲く。
広島県植物誌 p.218;東城町植物誌 p.142;呉市植物誌 p.123;呉市目録 p.83;北広島町 p.200; 広島県の植物図鑑へ

ヤブハギ
ヤブハギ

マルバヌスビトハギ Hylodesmum podocarpum (DC.) H.Ohashi & R.R.Mill subsp. podocarpum
= Desmodium podocarpum DC. subsp. podocarpum
= Podocarpium podocarpum (DC.) Y.C.Yang & P.H.Huang var. podocarpum
- Desmodium racemosum (Thunb.) DC. var. villosum (Matsum.) Ohwi
岩手県以南の本州、四国、九州、及び台湾、中国、熱帯アジアの冷温帯、暖温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部・沿岸地から高原面の明るい草地に生育、7~9月に咲く。
広島県植物誌 p.217;東城町植物誌 p.142; 広島県の植物図鑑へ

マルバヌスビトハギ
マルバヌスビトハギ



ミソナオシ Ohwia caudata (Thunb.) H.Ohashi
= Desmodium caudatum (Thunb.) DC.
関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国、熱帯アジアの暖温帯から熱帯に分布する亜低木。
広島県:島嶼部・沿岸地から山間地の湿った林内や林縁に稀に生育し、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p.217;植物図選Ⅳ-46;呉市植物誌 p.122;呉市目録 p.83; 広島県の植物図鑑へ

ミソナオシ
ミソナオシの葉柄には翼がある



サイトのトップ頁へ    マメ科索引へ    マメ科-12へ    マメ科-14(ヌスビトハギ連2)へ