トウダイグサ科 Euphorbiaceae-4

 エノキグサ亜科


エノキグサ Acalypha australis L.
- Acalypha australis L. var. lanceolata Hayata (ホソバエノキグサ)
北海道、本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、朝鮮、中国、極東ロシア、熱帯アジアの冷温帯~亜熱帯に分布する雌雄異花同株の一年草。
広島県:島嶼部・沿岸地から山間地の畑地、路傍に生育し、7~11月に咲く。
広島県植物誌 p. 232;東城町植物誌 p.151;呉市植物誌 p.130;呉市目録 p.111;山野草秋 p.120;北広島町 p.203; 広島県の植物図鑑へ

エノキグサ
エノキグサ、編笠状の総苞が目立つ (右は花と総苞の拡大)



アカメガシワ Mallotus japonicus (L.f.) Müll.Arg.
秋田県・宮城県以南の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、朝鮮、中国の冷温帯下部・暖温帯に分布する雌雄異株の落葉高木。
広島県:島嶼部・沿岸地から山間地の崩壊地、二次林、林縁に生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.234;野の花 p. 73;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.131;呉市目録 p.111;北広島町 p.204; 広島県の植物図鑑へ

アカメガシワ
アカメガシワの名前の由来となった紅芽(若葉)

アカメガシワアカメガシワ
アカメガシワの雄花(左)と雌花(右)



ヤマアイ Mercurialis leiocarpa Siebold & Zucc.
日本海側・静岡県以西の太平洋側本州、四国、九州、南西諸島、及び朝鮮、中国、台湾、熱帯アジアの冷温帯・暖温帯に分布する多年草
広島県:島嶼部・沿岸地から山地の湿った林縁、林内に生育し、4~7月に咲く。
広島県植物誌 p.234、p.235(図17 分布図);植物図選Ⅳ-51;広島野草1 p.112;東城町植物誌 p.152;呉市植物誌 p.131;呉市目録 p.112;山野草春 p.167;北広島町 p.204; 広島県の植物図鑑へ

ヤマアイ
ヤマアイ


 ハズ亜科


トウゴマ Ricinus communis L.
(ヒマ)
アフリカ原産(castor bean, castor oil plant)、植物油原料として栽培され、逸出している一年草。
呉市目録 p.112;広島外来 p.11.

トウゴマ
トウゴマ



アブラギリ Vernicia cordata (Thunb.) Airy Shaw
= Aleurites cordata (Thunb.) R.Br. ex Steud.
中地方以西の本州、四国、九州、及び台湾、朝鮮、中国、熱帯アジアの暖温帯に分布し、栽培される雌雄異花同株の落葉高木。
広島県:島嶼部・沿岸地から高原面に生育あるいは逸出し、6月頃に咲く。
広島県植物誌 p.232;広島外来 p.11; 広島県の植物図鑑へ

Aleurites 属にまとめられていたアブラギリ類のうち、落葉樹は Vernicia属に移されているので、その見解に従った。
 原色木本Ⅰでは、中国の木油桐・木油樹(Vernicia montana Lour., = Aleurites montana (Lour.) Wilson) と同じであるとしたが、 H.Ohba(1999, Flora of Jaban 2c, p.16)は明確な区別点を示して、別種としている。 中国でいう Aleurites cordataは日本のアブラギリとは別であったらしい。 B.Li & M.G.Gilbert (2008, Flora of China 11: 266) が、木油桐のシノニムとしている Aleurites cordata Gagnep. は、 アブラギリ Dryandra cordata Thunb. をバシオニムとする Aleurites cordata (Thunb.) R.Br. ex Steud. や Vernicia cordata (Thunb.) Airy Shaw とは別のものである。

アブラギリ
アブラギリ、左下は葉身基部(腺体がある)

オオアブラギリ Vernicia fordii (Hemsl.) Airy Shaw
(シナアブラギリ)
= Aleurites fordii Hemsl.
中国・熱帯アジア原産(油桐, tungoil tree, kalo nut tree)、ユーラシア、北アメリカの暖温帯で栽培され、ときに逸出する雌雄異花同株の落葉高木。
広島県:島嶼部・沿岸地から高原面に逸出し、6月頃に咲く。
呉市植物誌 p.130;広島外来 p.11;呉市目録 p.111.

オオアブラギリ
オオアブラギリの花



サイトのトップ頁へ    トウダイグサ科索引へ    トウダイグサ科-3へ    ホルトノキ科へ    コミカンソウ科へ