ツツジ科 Ericaceae(APGⅢ) 索引

APGⅢ分類体系では、エングラー分類体系のイチヤクソウ科、ガンコウラン科を含める。世界に145属、3,300種以上が知られ、日本には30属、70種が自生する。

スノキ亜科 
 (低木または大低木、果実は蒴果、背面が裂ける)
 Enkianthus  サラサドウダン、ベニドウダン、ドウダンツツジ
 Gaultheria  アカモノ、シラタマノキ(がくが肥大して液果のように見える)
 Eubotryoides ウラジロハナヒリノキ
 Lyonia    ネジキ
 Pieris    アセビ

 (低木または大低木、果実は液果)
 Vaccinium   アラゲナツハゼ、ウスノキ、ナツハゼ、スノキ
        シャシャンボ、ケアクシバ

ツツジ亜科 (低木または大低木、果実は蒴果、側面が裂ける)
 Elliottia   ホツツジ   (花弁は3枚)
 Menziesia   ウスギヨウラク(花は釣鐘型、先端は5裂)
 Rhododendron (花冠の先端は5裂するが左右相称)
 ○ バイカツツジ亜属 (花冠は大きく開き、5裂、おしべは5本)
  バイカツツジ
 ○ シャクナゲ亜属 (葉は常緑で厚い)
  ホンシャクナゲ
 ○ レンゲツツジ亜属 (葉は落葉性で薄い)
  レンゲツツジ
 ○ ゲンカイツツジ亜属 (茎頂に数個の花芽が着き、1個ずつ咲く)
  ゲンカイツツジ
 ○ クロフネツツジ亜属 (枝先に3-5枚の葉が輪生状につく)
  ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、サイゴクミツバツツジ、コバノミツバツツジ
 ○ ツツジ亜属 (葉は枝先に集まらず、互生する)
  キシツツジ、ヤマツツジ、ヒメヤマツツジ
  
セトウチウンゼンツツジ、オオムラサキ

イチヤクソウ亜科 (多年草または小低木、果実は蒴果)
 Chimaphila   ウメガサソウ
 Pyrola     イチヤクソウ、マルバノイチヤクソウ

シャクジョウソウ亜科 (腐物寄生の多年草、果実は液果または蒴果)
 Monotropa    シャクジョウソウ、ギンリョウソウモドキ
 Monotropastrum ギンリョウソウ


サイトのトップ頁へ    ツツジ科-1へ    エングラー分類体系のツツジ科索引へ