ツツジ科 Ericaceae-2


スノキ亜科-2

ウラジロハナヒリノキ Leucothoe grayana Maxim. var. hypoleuca Nakai
= Eubotryoides grayana (Maxim.) H.Hara var. hypoleuca (Nakai) H.Hara
= Leucothoe grayana Maxim. var. glaucina Koidzumi ex Nakai
本州の日本海側の冷温帯に分布する常緑小低木、日本固有種。
広島県:備北山地の風衝低木群落に生育し、6~7月に咲く。
広島県植物誌 p.310;植物図選Ⅱ-70;東城町植物誌 p.188;北広島町 p.220; 広島県の植物図鑑へ

 他に4変種がある
ウラジロハナヒリノキ
ウラジロハナヒリノキの未熟果


ネジキ Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude var. elliptica (Siebold & Zucc.) Hand.-Mazz.
= Andromeda elliptica Siebold & Zucc.
= Lyonia ovalifolia (Wall.) Drude subsp. neziki (Nakai & H.Hara) H.Hara
= Lyonia neziki Nakai & H.Hara (Lyonia属の独立種とする場合、種小名 ellipticaは使用できないので、新名として提案された)
山形県・岩手県以南の本州、四国、九州、及び台湾、中国の暖温帯に分布する落葉小高木~低木。
広島県:島嶼部から中国山地の林縁、明るい林内に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.310;植物図選Ⅳ-67;呉市植物誌 p.155;北広島町 p.220; 広島県の植物図鑑へ

基本変種の var. ovalifoliaはヒマラヤに分布する。

ネジキ
ネジキの花(右上)と果実(左下)



アセビ Pieris japonica (Thunb.) D.Don ex G.Don
宮城県以南の本州、四国、九州、及び中国の冷温帯下部から暖温帯に分布する常緑低木。
広島県:島嶼部から中国山地の高所に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.311;植物図選Ⅴ-66;野の花 p.49;宮島植物 p.110;東城町植物誌 p.190;呉市植物誌 p.155;呉市目録 p.145;北広島町 p.220; 広島県の植物図鑑へ

アセビ
アセビの花と果実(左下)


サイトのトップ頁へ     ツツジ科索引へ     ツツジ科-1へ     ツツジ科-3へ