ホルトノキ科 Elaeocarpaceae

世界に8属、約600種が知られ、日本には1属、3種が自生する。

コバンモチ Elaeocarpus japonicus Siebold & Zucc.
本州(紀伊半島・中国地方西部)、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国の暖温帯・亜熱帯に分布する常緑高木。
広島県:島嶼部、沿岸地の常緑樹林に生育し、5~6月に咲き、当年秋に黒紫色に熟す。
広島県植物誌 p.269;植物図選Ⅴ-54;呉市目録 p.110; 広島県の植物図鑑へ

広島県指定天然記念物  祝詞山八幡神社のコバンモチ群落      東広島市安芸津町

コバンモチ
コバンモチ、楕円形の葉が枝の先に輪生状に着く

ホルトノキ Elaeocarpus zollingeri K.Koch
- Elaeocarpus sylvestris (Lour.) Poir. var. ellipticus (Thunb.) H.Hara
= Elaeocarpus ellipticus (Thunb.) Makino
- Elaeocarpus decipiens Hemsl.
千葉県以西の本州、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島、及び台湾、中国、熱帯アジアの亜熱帯~暖温帯に分布する常緑高木。
広島県:島嶼部、沿岸地の常緑樹林に生育し、植栽されている。6~7月に咲き、当年秋に黒紫色に熟す。
広島県植物誌 p.269、図30(分布図);植物図選Ⅰ-61;呉市植物誌 p.141;呉市目録 p.110; 広島県の植物図鑑へ

ホルトノキの学名については、広義の Elaeocarpus sylvestris に含めるという考えと、変種とする(var. ellipticus)、別種とする(E. decipiens, E. ellipticus, E. zollinger など)という3つの見方がある(cf. Yonekura. 2011 in J.Jpn.Bot. 86: 243)。

広島県指定天然記念物  豊浜のホルトノキ群叢   呉市豊浜町

ホルトノキ
ホルトノキ、紅葉した古い葉が年間を通じて見える


サイトのトップ頁へ     カタバミ科へ     トウダイグサ科へ