ヒユ科 Amaranthaceae-4

 エングラー分類体系ではアカザ科とされる。



イソホウキギ Bassia scoparia (L.) A.J.Scott
= Kochia scoparia (L.) Schrad. (ホウキギ、栽培品)
- Kochia scoparia (L.) Schrad. var. littorea Makino (イソホウキギ) 
- Kochia scoparia (L.) Schrad. f. littorea (Makino) Kitam.
= Kochia littorea (Makino) Makino (観葉植物のコキア)
東海地方以西の本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の暖温帯に分布する一年生草本。 北海道から本州北部で栽培され、野生化。
広島県: 島嶼部・沿岸地の塩湿地などに生育・畑で栽培され、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p.135;広島外来 p.10;呉市目録 p.135;山野草秋 p.66; 広島県の植物図鑑へ

ホウキギ
ホウキギ


アリタソウ Dysphania ambrosioides (L.) Mosyakin & Clemants
= Ambrina ambrosioides (L.) Spach.
= Chenopodium ambrosioides L.
- Chenopodium ambrosioides L. var. pubescens (Makino) Makino (ケアリタソウ)
- Chenopodium ambrosioides L. var. anthelminticum (L.) Aellen (アメリカアリタソウ)
メキシコ原産(Mexican tea)、本州、四国、九州、南西諸島、及び世界中の暖温帯、亜熱帯に分布する一年生草本。
広島県: 沿岸地から高原面の耕作地、空き地に生育し、7~11月に咲く。
広島県植物誌 p.134;東城町植物誌 p.95(ケアリタソウ);広島外来 p.10;呉市植物誌 p.91;呉市目録 p.134; 広島県の植物図鑑へ

アリタソウ
アリタソウ



ハリヒジキ Salsola tragus L.
- Salsola kali L. subsp. tragus (L.) Celak.
ヨーロッパ原産(prickly Russian thistle)、北海道、本州、四国、九州、南西諸島の冷温帯・暖温帯に分布する一年草。
広島県: 沿岸地の空き地に生育し、9~10月に咲く。
広島外来 p.10; 広島県の植物図鑑へ

ハリヒジキ
ハリヒジキ 葉の先が硬い刺になっている

オカヒジキ Salsola komarovii Iljin
南千島、北海道、本州、四国、九州、南西諸島、及び朝鮮、中国、極東ロシアの冷温帯、暖温帯に分布する一年生草本。
広島県:島嶼、沿岸部に生育し、7~10月に咲く。また、食用に栽培される。
広島県植物誌 p.135;呉市目録 p.135;山野草夏 p.33; 広島県の植物図鑑へ

オカヒジキ
オカヒジキ

オカヒジキ
食用に栽培、販売されているオカヒジキ



マツナ Suaeda glauca (Bunge) Bunge
- Suaeda asparagoides (Miq.) Makino
宮城県以南の本州、四国、九州、及び朝鮮、中国、モンゴル、極東ロシアの冷温帯、暖温帯に分布する一年生草本。
広島県:島嶼部の塩湿地に生育し、7~10月に咲く。
広島県植物誌 p.135;植物図選Ⅱ-35;呉市目録 p.135;山野草秋 p.67; 広島県の植物図鑑へ

ヒロハマツナ Suaeda malacosperma H.Hara
- Suaeda maritima (L.) Dumort. var. malacosperma (H.Hara) Kitam.
本州西部、九州、及び朝鮮の暖温帯に分布する一年生草本。
広島県:沿岸地に稀に生育し、10~11月に咲く。 
広島県植物誌 p.135;植物図選Ⅰ-31;山野草秋 p.71; 広島県の植物図鑑へ

ハママツナ Suaeda maritima (L.) Dumort. subsp. asiatica H.Hara
宮城県以南の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、朝鮮、中国の冷温帯から熱帯に広く分布する一年生草本。
広島県:島嶼部・沿岸地の塩湿地に生育し、9~10月に咲く。
広島県植物誌 p.4(口絵写真)、p.135;広島野草2 p.30(写真はマツナに見える);海山博物 p.230;呉市目録 p.135;山野草秋 p.70; 広島県の植物図鑑へ

ハママツナ
ハママツナ



サイトのトップ頁へ     ヒユ科-1へ     ヒユ科-3へ     ハマミズナ科へ