ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae

 世界に85属、840種以上が知られる。日本にはキササゲが古くから帰化している。

ノウゼンカズラ Campsis grandiflora (Thunb.) K.Schum.
中国原産(凌霄, ling xiao;紫葳)のつる(寄りかかり)性の落葉木本、花木として庭園に植栽される。
広島県: 各地に植栽され、7~8月に咲く。逸出の報告はない。
呉市目録 p.168.

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ

アメリカノウゼンカズラ Campsis radicans (L.) Seem.
アメリカ原産(trumpet creeper)のつる(付着)性の落葉木本。
広島県: 逸出したものがあるという。
広島外来 p.13.

葉の下面、特に脈上に毛が多い。花序は長く伸びず、花がまとまって着く。花冠は細長く、弁の切れ込みは浅い。



キササゲ Catalpa ovata G.Don
中国原産(梓, zi;梓樹;臭梧桐;大叶梧桐)の落葉高木、薬木として栽培され、ところにより野生状態になっている。
広島県: 高原面の崩壊跡地などに生育し、6月頃に咲く。
広島県植物誌 p.380;東城町植物誌 p.219;呉市目録 p.168.;広島外来 p.13;北広島町 p.234; 広島県の植物図鑑へ
広卵形の葉はごく浅く3裂、下面の脈上を除いてほぼ無毛。

キササゲ
キササゲ

アメリカキササゲ Catalpa bignonioides Walter
北アメリカ原産(southern catalpa)の落葉高木、稀に植栽される。
広島県: 東部山間地に逸出したものがあるという。6~7月に咲く。
広島外来 p.13.

花は白色。葉の下面には密に短毛があり、揉むと悪臭がある。


サイトのトップ頁へ     キツネノマゴ科へ     クマツヅラ科