カバノキ科 Betulaceae-3


Alnus   ヤシャブシ、ヒメヤシャブシ、オオバヤシャブシ
      ヤマハンノキ、ケヤマハンノキ、カワラハンノキ
      ハンノキ、ケハンノキ、サクラバハンノキ
Betula  ミズメ、シラカンバ、ダケカンバ
Carpinus サワシバ、クマシデ、アカシデ、イヌシデ、テングシデ、イワシデ
Corylus  ハシバミ、ツノハシバミ
Ostrya  アサダ

 
◎ ハンノキ亜属(Alnus)

ヤマハンノキ Alnus hirsuta (Spach) Rupr.
- Alnus hirsuta (Spach) Rupr. f. sibirica (Spach) H.Ohba (狭義のヤマハンノキ)
= Alnus hirsuta (Spach) Turcz. ex Rupr. var. sibirica (Spach) C.K.Schneid.
北海道、本州、四国、九州、および朝鮮、東シベリア、サハリン、カムチャツカの暖温帯上部から冷温帯に分布する雌雄異花同株の落葉高木。
広島県: 沿岸部から山地の渓谷沿いの崩壊地などに見られる。
広島県植物誌 p.90;東城町植物誌 p.75;呉市植物誌 p.72;呉市目録 p.108;広島外来 p.9; 広島県の植物図鑑へ

葉の裏面が粉白色になり、表面や当年枝に毛がないものを狭義のヤマハンノキ(f. sibirica) とするが、変異が多く、明確に区別できない。
f. sibirica を区別したとき、f. hirsuta をケヤマハンノキと呼ぶ。

ケヤマハンノキの葉
ケヤマハンノキ(f. hirsuta)の型、葉は卵円形で縁は浅い欠刻、
不規則な鋸歯がある。葉先はあまりとがらない。裏面は白っぽくなり、
当年枝や葉柄とともに赤褐色の軟毛が多い。
ヤマハンノキ
ヤマハンノキ(f. sibirica)の型、葉には毛がごく少なく、裏面は粉白色になる

  ハンノキ Alnus japonica (Thunb.) Steud.
- Alnus japonica (Thunb.) Steud. f. koreana (Callier) H.Ohba (ケハンノキ)
= Alnus japonica (Thunb.) Steud. var. koreana Callier
北海道、本州、四国、九州、南西諸島、および朝鮮、中国、ロシア東部の亜熱帯から冷温帯に分布する雌雄異花同株の落葉高木。
広島県: 高原面から山地の貧栄養湿原、渓畔などに生育する。
広島県植物誌 p.90、p.16に口絵写真(生育地);植物図選Ⅳ-16;東城町植物誌 p.75;呉市目録 p.108(植栽);  広島県の植物図鑑へ

若い枝や葉に褐色の毛が密生する型を f. koreana ケハンノキとして区別することがある。分布域は木本種と同じ。

ハンノキ
ハンノキの葉は長楕円形で長さ5~13㎝、先はとがり、基部はくさび形。
表面には光沢がなく、葉縁には低い鋸歯がある。

カワラハンノキ Alnus serrulatoides Callier
東海・近畿・中国地方、四国の暖温帯に分布する雌雄異花同株の落葉小高木、日本固有種。
広島県: 沿岸部から内陸の河畔に生育する。
広島県植物誌 p.91;植物図選Ⅰ-27;東城町植物誌 p.75;呉市植物誌 p.72;呉市目録 p.108;  広島県の植物図鑑へ
葉は広倒卵形で先端がくぼむ。

サクラバハンノキ Alnus trabeculosa Hand.-Mazz.
茨城・新潟県以西の本州、九州、および中国の暖温帯に稀に分布する雌雄異花同株の落葉高木。
広島県: 吉備高原面の湿原に生育する。
広島県植物誌 p.91;呉市目録 p.108;  広島県の植物図鑑へ

若い果穂をつけたサクラバハンノキ、葉に光沢がある
若い果穂をつけたサクラバハンノキ、 ハンノキに比べ、葉の基部が心形、
やや光沢があり、側脈は9~12対で下面に隆起、細鋸歯がの先に腺点がある。
新芽は赤みを帯びる。


トップ頁へ    カバノキ科-1へ    カバノキ科-3へ