ツチトリモチ科 Balanophoraceae

 世界に14属、41種が知られ、日本には1属、5種が自生する。


ツチトリモチ Balanophora japonica Makino
本州、四国、九州、南西諸島(奄美大島まで)の暖温帯に分布する多年生草本の寄生植物、雌株のみで無配偶子生殖を行う。日本固有種。
広島県:広島市の沿岸部の常緑樹林に生育し、晩秋に咲く、人為的に持ち込まれた可能性があるとのこと。
広島県植物誌 p.30(写真)、p.118;植物図選Ⅰ-30;広島野草2 p.12;海山博物 p.242;野の花 p.120;山野草秋 p.32; 広島県の植物図鑑へ

ツチトリモチ
ツチトリモチ

ミヤマツチトリモチ Balanophora nipponica Makino
本州、四国の冷温帯に分布する多年生草本の寄生植物、雌株のみで無配偶子生殖を行う。日本固有種。
広島県:ブナ帯の山地に稀に見られる。花穂は橙黄色で、夏に咲く。
広島県植物誌 p.119;植物図選Ⅲ-35;山野草秋 p.33; 広島県の植物図鑑へ


サイトのトップ頁へ    ビャクダン科、ヤドリギ科へ    タデ科へ