キク科 Asteraceae-13

 キク亜科 Asteroideae (8) シオン連 Astereae (2) シオン属 Aster (2)

(シオン節 2/2)

ノコンギク Aster microcephalus (Miq.) Franch. & Sav. var. ovatus (Franch. & Sav.) Soejima & Mot.Ito
= Aster ovatus (Franch. & Sav.) Mot.Ito et Soejima
= Aster ageratoides Turcz. subsp. ovatus (Franch. & Sav.) Kitam.
= Aster ageratoides Turcz. var. ovatus (Franch. & Sav.) Nakai
- Aster ageratoides Turcz. var. angustifolius Kitam.(ホソバコンギク)
= Aster ageratoides Turcz. subsp. angustifolius (Kitam.) Kitam.
= Aster ovatus (Franch. & Sav.) Mot.Ito & Soejima var. angustifolius (Franch. & Sav.) K.Asano ex T.Shimizu
= Aster microcephalus (Miq.) Franch. & Sav. var. angustifolius (Kitam.) Nor.Tanaka
(Flora of Japan 3b では、ノコンギク類の種としての名を Aster trinervius Roxb. var. ovata Franch. & Sav. をバシオニムとした Aster ovatus の新階級を提案した。しかし、この種に含められたセンボンギクの元の名 Calimeris microcephala Miq. が種レベルで最も古い名であるため、こちらをバシオニムとする(Soejima,A. & Ito,M. in Acta Phytotax.Geobot. 49:151-152, 1998)。)
北海道、本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯に分布する多年草、日本固有種。
広島県: 島嶼部、沿岸地から山間地に生育し、9~11月に咲く。
広島県植物誌 p.409;東城町植物誌 p.236;広島野草2 p.184;呉市植物誌 p.191;呉市目録 p.173;山野草秋 p.238;北広島町 p.239(ホソバコンギクを分ける); 広島県の植物図鑑へ

ノコンギク
ノコンギク 花時にも冠毛は見える(右下)
花は淡紫色であるが、濃淡があり、写真には白く写ることもある

コンギク Aster microcephalus (Miq.) Franch. & Sav. var. ovatus (Franch. & Sav.) Soejima & Mot.Ito 'Hortensis'
= Aster ovatus (Franch. et Sav.) Mot.Ito et Soejima 'Hortensis'
= Aster trinevius var. congestus f. hortensis Makino
= Aster ageratoides Turcz. subsp. ovatus (Franch. et Sav.) Kitam. var. hortensis (Makino) Kitam
= Aster ageratoides Turcz. subsp. ovatus (Franch. & Sav.) Kitam. 'Hortensis'
舌状花・総苞が濃紫色となった園芸品種、鑑賞用に栽培される多年草。
広島県: 沿岸地に逸出している。
広島県植物誌 p.409;東城町植物誌 p.236; 広島県の植物図鑑へ

コンギク
コンギク(栽培品)


センボンギク Aster microcephalus (Miq.) Franch. & Sav. var. microcepahlus
= Aster ovatus (Franch. & Sav.) Mot.Ito & Soejima var. microcepahlus (Miq.) Mot.Ito & Soejima
= Aster ageratoides Turcz. subsp. microcephalus (Miq.) Kitam.
- Aster microcephalus (Miq.) Franch. & Sav. var. ripensis Makino(タニガワコンギク)
= Aster ovatus (Franch. & Sav.) Mot.Ito et Soejima var. ripensis (Makino) Mot.Ito & Soejima
= Aster ageratoides Turcz. subsp. ripensis (Makino) Kitam.
宮城県以南の本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県: 高原面から山間地の渓流沿いに生育する。
広島県植物誌 p.409*;呉市目録 p.173*;植物誌補遺 p.27;山野草秋 p.239;北広島町 p.239*;広島県の植物図鑑*へ (*タニガワコンギクとして)

世羅・他(2010, 植物誌補遺 p.27)は、広島県植物誌でホソバコンギクとしたものは、センボンギクであるとした(引用された標本は異なる)。 広島県植物誌で要検討とされたタニガワコンギクについては言及していないが、シノニムであろう(参照:固有植物 p.146 )。

イナカギク、ヤマシロギク Aster semiamplexicaulis (Makino) Makino ex Koidz.
= Aster ageratoides Turcz. var. semiamplexicaulis (Makino) Makino & Nemoto
- Aster ageratoides Turcz. subsp. amplexifolius Kitam. (一部シロヨメナを含む場合あり)
茨城県・東海地方以西の本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯に分布する多年草、日本固有種。
広島県: 島嶼部、沿岸地から山間地に生育し、9~10月に咲く。
広島県植物誌 p.408*;東城町植物誌 p.236;広島野草2 p.183;呉市植物誌 p.190;呉市目録 p.173;山野草秋 p.242; 広島県の植物図鑑*へ(*ヤマシロギク)

イナカギク
イナカギク 花は白か淡紫色、茎・葉に毛があり、葉の下面には長毛が多い
葉の下部がくびれるのはシロヨメナと同じ、基部はやや茎を抱くように見える
(ヤマシロギクという名はシロヨメナにも使われるので注意が必要)

シオン Aster tataricus L.f.
本州(中国地方)、九州、及び朝鮮、中国、モンゴル、極東ロシア、シベリアの冷温帯に分布する多年草。
広島県: 高原面に生育しているが、観賞用に栽培されているので、逸出の可能性もある。
広島県植物誌 p.410;東城町植物誌 p.237;呉市目録 p.174;広島外来 p.13;山野草秋 p.244; 広島県の植物図鑑へ


シュウブンソウ Aster verticillatus (Reinw.) Brouillet & al.
= Rhynchospermum verticillatum Reinw.
宮城県以南の本州、四国、九州、南西諸島、及び朝鮮、台湾、中国、熱帯アジアの熱帯から暖温帯に分布する多年草。
広島県:島嶼部、沿岸地から山間地の林内、林縁に生育し、8~10月に咲く。
広島県植物誌 p.436;呉市目録 p.185;北広島町 p.245; 広島県の植物図鑑へ

シュウブンソウ
シュウブンソウ 秋分の頃に咲く


サイトのトップ頁へ     キク科索引へ     キク科-12へ     キク科-14へ