キョウチクトウ科 Apocynaceae-1

 エングラー分類体系のキョウチクトウ科に相当する。


チョウジソウ Amsonia elliptica (Thunb.) Roem. & Schult.
北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の冷温帯・暖温帯に分布する多年草。
広島県:現在は東部山間地の湿地に生育するのみ。5~6月に咲く
広島県植物誌 p.338;山野草夏 p.139; 広島県の植物図鑑へ

チョウジソウ
チョウジソウの葉は互生



サカキカズラ Anodendron affine (Hook. & Arn.) Druce
千葉県以西の本州、九州、南西諸島、及び台湾、中国、熱帯アジアの暖温帯から熱帯に分布する常緑つる性木本。
広島県:島嶼部の林縁に生育し、4~6月に咲く。
広島県植物誌 p.338;植物図選 Ⅰ-76;呉市目録 p.151;宮島植物 p.42; 広島県の植物図鑑へ

サカキカズラ
コシダの上をはうサカキカズラ



キョウチクトウ、セイヨウキョウチクトウ Nerium oleander L.
= Nerium indicum Mill.
= Nerium oleander L. var. indicum (Mill.) O.Deg. & Greenwell
- Nerium odoratum Sol.
地中海沿岸原産(oleander)の常緑大低木、本州の東北地方南部以南、四国、九州、南西諸島の暖温帯・亜熱帯に植栽されている。
広島県:寒冷地を除き、広く植栽される。特に、被爆後の広島市内でいち早く花を咲かせたことから、平和大通りには多数植栽されている。7~8月に咲く
呉市目録 p.151.

 花冠の内側には、縁が細裂した花弁状の付属物があある。この付属物が4~7深裂して、 花に芳香があるものをインド原産の別種として区別していた(狭義のキョウチクトウ)が、 現在は区別しない。栽培品種が、世界で約400品種知られている。和名は中国名「夹竹桃;夾竹桃, jia zhu tao」の日本式音読み。

キョウチクトウ
キョウチクトウ 八重咲きや白色花など、いくつかの栽培品種がある



テイカカズラ Trachelospermum asiaticum (Siebold & Zucc.) Nakai
岩手県・石川県以西の本州、四国、九州、小笠原諸島、及び朝鮮、中国、熱帯アジアの暖温帯に分布する常緑つる性木本。
広島県:島嶼部、沿岸地から山間地に広く生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.338;東城町植物誌 p.199;呉市植物誌 p.164;呉市目録 p.151;野の花 p.40;宮島植物 p.40;北広島町 p.225; 広島県の植物図鑑へ

テイカカズラ
テイカカズラの花と若い果実(右)
花筒の細い部分は広い部分の2~3倍の長さ、ガク片の長さは2~3mm、縁に少し毛がある

ケテイカカズラ Trachelospermum jasminoides (Lindl.) Lem.
- Trachelospermum jasminoides (Lindl.) Lem. var. pubescens Makino
近畿地方以西の本州、九州、南西諸島、及び朝鮮、中国、台湾、熱帯アジアの暖温帯から熱帯に分布する常緑つる性木本。
広島県:島嶼部、東部沿岸地から三次盆地の林縁、石垣などに生育し、5~6月に咲く。
呉市目録 p.152;植物誌補遺 p.20; 広島県の植物図鑑へ

ケテイカカズラ
ケテイカカズラの果実の残りと、毛が多い若枝の拡大(左下)
花筒の細い部分は広い部分と同じか短い、ガク片の長さは5~6mm、長楕円形で毛が多い



ツルニチニチソウ Vinca major L.
南ヨーロッパ原産(greater periwinkle)、鑑賞用に導入され、北海道、本州、四国、九州、南西諸島で野生化している。
広島県:日当りの良い場所から林内まで、広い範囲に野生化している。3~5月に咲く
東城町植物誌 p.199;呉市植物誌 p.164;広島外来 p.12;植物誌補遺;p.20;北広島町 p.225; 広島県の植物図鑑へ

ツルニチニチソウ
ツルニチニチソウ


サイトのトップ頁へ     キョウチクトウ科索引へ     キョウチクトウ科-2へ