レンプクソウ科 Adoxaceae

 エングラー分類体系のレンプクソウ科はレンプクソウ属(Adoxa)のみ。
 APGⅢ分類体系ではエングラー体系のスイカズラ科の一部(Sambcus, Vibrunum など)を包含する。
 世界に5属、194種が知られ、日本には3属、19種が自生する。

属名
エングラー分類体系 APGⅢ分類体系
 Adoxa  レンプクソウ属  レンプクソウ科  レンプクソウ科
 Sambucus  ニワトコ属
 Viburnum  ガマズミ属
 スイカズラ科

 Adoxa    レンプクソウ
 Sambucus ソクズ、ニワトコ、ミヤマニワトコ
 Viburnum カンボク、ケカンボク、キミノカンボク、テマリカンボク
      チョウジガマズミ、オオカメノキ、ムシカリ、ヤマシグレ、ミヤマシグレ
      サンゴジュ、ゴマキ
      ガマズミ、コバノガマズミ、ハクサンボク、オトコヨウゾメ
      オオデマリ、ヤブデマリ、コヤブデマリ
      ミヤマガマズミ、コミヤマガマズミ、オオミヤマガマズミ


レンプクソウ Adoxa moschatellina L.
南千島、北海道、本州、九州北部、および北半球の冷温帯・暖温帯に広く分布する多年草。
広島県: 神石高原と周辺部、西部沿岸地の渓畔や林内に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.397;植物図選Ⅰ-91;東城町植物誌 p.228;広島野草1 p.184;世羅(2009)広島市植物公園紀要 27:17, pl.2.g;山野草春 p.269; 広島県の植物図鑑へ

レンプクソウ
レンプクソウの若い果実(右上)



サイトのトップ頁へ    スイカズラ科(A)索引へ    スイカズラ科(E)索引へ     オミナエシ科へ